木造3階建て住宅・注文住宅・価格・費用 :横浜市・川崎市 の トップページへ戻る


梅雨が明けると、暑〜い夏の到来です。
できるだけ冷房に頼らない工夫をして暑さを乗り切りましょう!


自然の風を取り込む!
自然の風をうまく室内に取り込むことができれば、冷房に頼る時間を減らせます。
ただ窓を開けるだけでなく、開け方にひと工夫。
風の通り道となる入口と出口を作るために、家の中で対角にある窓同士、
なるべく離れたところを開けるようにします。
玄関や勝手口を、チェーンをかけて細く開けるのも有効です。
新築やリフォームをご検討中の方、風の通り道を考慮した窓の計画はとても大切ですよ〜。


日差しと熱を窓の外で遮る!
室内の暑さの原因となる外からの熱の7割は、窓や扉などの開口部を通して入ると言われます。
上から照る南の日差しは水平に遮り、横から差す西日は垂直に遮るのがポイントです。
例えば、テント地の日よけ「オーニング」や、
植物を絡ませる網状の棚は南の日差しにおすすめ。
また、手軽に使える「すだれ」は、少し間隔を空けて2枚下げるとより効果的です。


インテリアにもひと工夫!
涼しげなレースのカーテンを室内側に、厚いカーテンを窓側にします。
ソファやクッションカバーは淡色や寒色に、素材は綿や麻がおすすめです。
イグサを使った座布団やスリッパ、竹の敷物、風鈴なども涼しさを感じられます。
また、照明も重要です。
蛍光灯やLED照明なら白熱灯より発熱が少なく、省エネな上、白っぽい光が涼しげです。
エアコンのスイッチを入れる前に、少しでも冷房に頼らずに涼しさを感じられる工夫をしたいものですね。

注文住宅コラム:失敗しない家づくり一覧へ

狭小住宅の価格資料 無料ダウンロード
二世帯住宅資料 無料ダウンロード