木造3階建て住宅・注文住宅・価格・費用 :横浜市・川崎市 の トップページへ戻る


あなたは地震が突然きたとき、我が家は大丈夫だろうかとふと気になることはありませんか。
大地震による被害を最小限にとどめて家族を守るためには、
現在の我が家の安全性を確認した上で、住まいの耐震性を向上させる必要があります。


まずは自分で簡単なチェックをしましょう。

1.昭和56年以前の建物は、建築基準法の古い耐震基準によって建てられた家なので要注意です。
2.基礎がひび割れている。柱が石の上に立っている玉石基礎。基礎コンクリートに鉄筋が入っていない家は注意。
3.壁や窓の配置が一定方向に偏っている。2階部分が突き出ているなどバランスが悪い家は注意。
4.白蟻被害、その他家の痛み具合が目に付く家は要注意。

不安だと思ったら、専門家に耐震診断をしてもらいましょう。
基礎や壁にひび割れがないか。土台と基礎の木材のつなぎ目部分がはずれてないか、白蟻被害にあっていないか。
天井と屋根の小屋裏を点検し、木材が腐っていないか。
筋かいが柱にとまっているか。
図面で筋かいの確認と、壁を叩いて内部の点検などの診断をしてもらいます。


この診断によって耐震改修をしたほうがいいのか、
適切な方法は何かを納得いくまで説明を聞いてください。
無料耐震診断で突然業者が訪問し、問題になっているケースが多発しています。


詳しいことがお知りになりたい場合は、まず弊社にお問い合わせください。

注文住宅コラム:失敗しない家づくり一覧へ

狭小住宅の価格資料 無料ダウンロード
二世帯住宅資料 無料ダウンロード