木造3階建て住宅・注文住宅・価格・費用 :横浜市・川崎市 の トップページへ戻る


健康に暮らすためにも光が入る明るい家に住みたいですね。


もっと光を!明るい住まいに聞いた話なのですが、窓のない部屋にずっといると、
人間は体も精神的にもひずみが出てくるそうです。


家の窓の面積は、どれぐらいの大きさがあれば法律上大丈夫かご存知ですか?


住宅の居室では、その部屋の床面積の7分の1以上の採光に有効な開口部(窓等)を設けなければいけないと建築基準法で決められています。


採光が必要な「住宅の居室」とは、家の中で常時生活する部屋のことで、トイレや浴室や洗面所、納戸、
専用のキッチンなどは除きます。


.リフォームで窓を大きくしたいときは、外壁の構造を考える必要があります。
木造住宅の場合は、窓の上下は耐力壁としてなっていませんので、上下方向に大きくすることはできる場合がありますが、
横方向に広げる場合は構造をよくみないとできない場合がありますのでよく相談してください。


屋根から採光をとる方法に、屋根に窓をつけるトップライトがあります。
壁面の窓に比べると3倍の光を取り入れるのでとても明るくなりますよ。
でも雨漏りしないように、防水工事をしっかりしてあるか確かめてくださいね。

注文住宅コラム:失敗しない家づくり一覧へ

狭小住宅の価格資料 無料ダウンロード
二世帯住宅資料 無料ダウンロード